MENU

福袋を買ってはいけない2つの理由。逆に買ってもいいおすすめの福袋とは?

福袋を買ってはいけない2つの理由。逆に買ってもいいおすすめの福袋とは?

年末が過ぎ、新しい年が明けると初売りに出かけられる方も多いのではないでしょうか。店頭に初売りの福袋がずらっと並べられていると、ワクワクして購買意欲もそそられます。

「3万円相当が1万円で!」などと売られているとお得感を感じずにはいられない福袋ですが、今回は一見お得に見えるけど注意すべき、買ってはいけない福袋について調べました。

  • 福袋を買ってはいけない2つの理由
  • どんな福袋を買ってはいけないのか
  • 買ってお得な福袋3選
目次

福袋を買ってはいけない2つの理由

福袋を買ってはいけない2つの理由

年始に初売りをするお店では

  • 「福袋」
  • 「ハッピーバッグ」
  • 「ハッピーボックス」

と書かれた福袋をよく見かけます。

価格の安さや内容の多さなどに思わず惹かれる福袋ですが、なぜ価格を安く設定できるのか考えてみましょう。買う側の心理を読んだ売る側のからくりもありました。

  • 在庫処分だから
  • 良いものが入っていない可能性があるから

在庫処分だから

いわゆる売れ残りです。お店側は、在庫を抱えていると保管に手間やお金がかかります。手間やお金がかかるくらいなら処分してしまいたい型落ちや売れ残りの在庫を、便利に一気にさばくことができるのが福袋なのです。

服や雑貨などにいえますが需要の少ないサイズ、奇抜なデザインや派手な色などは売れ残りやすく、福袋へと移行されがちです。結局好みに合わず使うことができないと無駄な買い物になってしまい、家の中にもいらないものが増えてしまいます。

質が悪いわけではなく、商品としての価値はあるのでサイズが合って気に入ったものが入っていれば、人によってはとてもお買い得です。

品質の良いものが入っていない可能性があるから

ほしいものが入っていたらお得な福袋ですが、メーカーによっては福袋用に安く販売するために原価を下げて企画されたものの可能性があります。

多少品質が落ちてもトレンドに沿っているものが多いので、そのシーズン使えればいいと内容に納得できる人へはおススメの福袋です。

買い物客

いらないものや品質の良くないものが入っていたらお客さんが離れていくんじゃない?
だからいいものも入ってるんじゃないかな♪

販売サイド

残念ながら、「普段は買えないけどこの値段なら買ってみよう」というお客さんはずっと捕まえておきたいターゲットではないの…
普段のターゲット層は、セールじゃなくても買ってくれるんだよね。

どんな福袋を買ってはいけないのか

どんな福袋を買ってはいけないのか

福袋を衝動買いしてしまう前に思い出してほしいポイントを2点ご紹介します。お気に入りのメーカー、ブランドでも注意してみるといいかもしれません。

アパレルの福袋は注意

アパレルであれば需要が多いのはM~Lサイズです。福袋には、売れ残りやすいSサイズ、LLサイズなど、サイズが合わない服が入っている可能性があります。同じように人気のない色や変わったデザインも売れ残りやすいものです。

福袋には売れ残りやすいサイズ、デザインの服が入っていることがあります。

普段ユニクロなどシンプルな服を好む人は奇抜なデザインの服は着ないまま終わってしまうかもしれません。標準な体型な人もサイズが合わなければ着づらい服となってしまいます。たとえ好きなブランドの福袋でも注意してみてください。

中身が見えない福袋

中身が見えない福袋は、中を見られたくない=いいものじゃないから…などの理由がある場合が多いです。

店頭で中身を見せた方が、買わない人にも宣伝になります。買った人にしかわからないお得なものを入れるくらいなら中身を見せて宣伝しながら売るはずです。

例えば「1万円で3万円相当の中身が入っています!」と中身の見えない福袋が売っていたとしたら、いいところが安いということしかない福袋と思っていいかもしれません。

いいものをゲットするためには中身が見えない福袋の購入は見送りましょう。

福袋購入の失敗エピソード

みなさん一度くらいは失敗したことがあるのではないでしょうか。私もアパレルの福袋で何度も失敗して、もう買わないと心に決めています。

買ってお得な福袋3選

買ってお得な福袋3選

買ってはいけない福袋もありますが、「買い」の福袋もあります。特に中身が見える福袋は、ほしいものがお得に入っていれば買って損はない福袋です。

子供服ブランド

子供服はすぐにサイズアウトしてしまったり、汚れて1日に何度も着替えたりすることもあります。幼稚園や保育園では毎週のようにお着替えを持たせるなど、汚れてもいい服なら何でもいい日もあると思います。

福袋でお得に子供服をゲットしちゃいましょう。

飲食系

近年人気なのが飲食系の福袋です。カフェやスイーツ店、ファストフードなどいろんなジャンルで福袋が販売されています。

中身を販売前に見せて毎年抽選が行われたり、確実に元が取れる内容だったりするブランドが多いです。普段値引きをしないブランドもあるので「買い」の福袋だと思います。

家電

家電量販店の福袋もおすすめです。ゲームやパソコン、テレビ、美容、新生活グッズなどジャンルごとに販売されます。こちらも販売前に中を知ることができるものがほとんどで、ほしいものがある人にとってはお得感満載の福袋といえます。

買ってよかった人気の福袋エピソード

スタバは毎年人気で有名ですよね。ファンにとっては欠かせないイベントのひとつではないでしょうか。子供服の福袋もとても惹かれます。とくに靴はすぐに汚れる・壊れる・サイズアウトも早い我が家の子供たちにも魅力的な内容です。

まとめ

買ってはいけない福袋についてご紹介しました。いかがでしたでしょうか。

  • 在庫処分のものが入っている可能性大
  • 売れ残りやすいサイズ、デザイン、色が入っている場合がある
  • アパレルや中身の見えない福袋に注意
  • 「買い」の福袋は要チェック

何が入っているのかわからないワクワクやイベント感を醍醐味として楽しむ人もいると思います。自分に合った福袋の見つけ方を知り、買ってはいけない福袋のことを少し思い出して初売りを楽しんでいただけたらと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

寂しいのでコメントお願いします。

コメントする

目次
閉じる